合格実績を分析

臨海セミナーの合格実績については、2006年度の「国私立高校の合格実績」が唯一示されているのが現状です。

臨海セミナー2006年度国私立高校の合格実績
早慶182名
桐蔭学園理数109名
桐蔭学園普通325名
法政大学第二64名
法政大学女子60名
学芸大付属・筑波・開成14名
青学・海城・豊岡女子89名
中央・明治・立教新座116名

合格者総数961名となっています。

これ以外に、臨海セミナーが公表している合格実績は、
中学入試については、「難関校の実績大躍進」のみで人数公表なし、
高校受験については、「公立高校の合格実績」として個別の公表はなく、総数3963人のみ公表、

大学受験については、東大19人、早稲田・慶応・上智176人、MARCH353人等々。

近年、臨海セミナーは、売上高がグングン伸び、各地の進出も積極的に行っていますが、合格実績については、非常に寂しい公表にとどまっているようです。特に中学受験においては、一切の数値が公表されておらず、見るべき合格実績がないと推測されます。

一方、読売ウィークリーで毎年紹介される「高校進学塾ランキング2006/04/18」では、臨海セミナーは、首都圏各塾中6位にランクインしており、臨海セミナー自身も、この結果を受けて「神奈川県拠点塾の中では第1位」、「神奈川県拠点の他塾に圧倒的な大差をつけて引き離しトップになりました」と自画自賛しています。この中学受験と高校受験の合格実績の数値の違いが公表の結果にも表れているといえそうです。
%E8%87%A8%E6%B5%B7%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC.gif2006/04/18読売ウィークリー「高校進学塾ランキング」

※読売ウィークリー「高校進学塾ランキング」とは、読売ウィークリーが難易度に応じた各学校のスコアと合格者数を掛け合わせ、総スコアを算出したもの。

臨海セミナーは、もともと公立高校優位の神奈川県で出発した塾であり、出発点の臨海セミナーの高校受験をターゲットにしたDNAは、創業設立以来30数年たった今でも変わらないようです。逆に言えば、中学受験は公立高校受験とはまったく別の種類の受験と考えられ、公立高校受験のノウハウの延長線上では確かな合格実績は出せないとも言えそうです。神奈川県公立高校倍率

サピックスが中学受験と高校受験を別組織で運営し、日能研、四谷大塚が中学受験に特化している理由もこの辺りにあると考えられます。臨海セミナーで中学受験をと考える際は、このあたりに思いをめぐらして、取り組む必要がありそうです。

今後、中学受験の合格実績が出るようであれば、個別の学校についての数値の公表も行われるでしょう。
 

高額教材って金額にあった効果が期待できるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加